Flowers for your life.

読んでいるところを母には見せられない!「母が重くてたまらない」

 
母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き
この記事を書いている人 - WRITER -
庄司 あきこ
【心理カウンセリング×ファイナンシャルプランニングで、理想の暮らし実現のお手伝い】 心の奥底に隠れている不安を見つけ出し 「わたしにとっての幸せのカタチ」を 見える化するのは、心理カウンセリングの得意分野です。 「幸せのカタチ」を「生活」として実現するための地図を描くのは FP(ファイナンシャルプランナー)の役割。 「理想の生活」を実現するお手伝いは、 メンタルトレーニングの得意分野です。 今、目の前にある出来事とだけじゃなく 10年、20年、30年先の幸せのために。 あなたの理想の暮らしの実現のお手伝いをさせてください。

けっこう前に

(見てみたら、2008年発行だった)

新聞の下の方に広告が出ていたのは見ていたけれど

 

あらー大変ね・・・

 

とものすごく他人事のように思っていました

 

が、

未だにタイトルを覚えていたって事は

きっとどっかに引っかかっていたから

 

母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き

 

母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き

 

そう

わたしは一人っ子なので

墓守娘ってやつだったのです

 

当時は

「家なんか知るもんかー!」

って感じで反発していたので

この本は「わたしには関係ないこと」

と、思いたかった笑

 

子どもの頃は

わたしが母親の唯一の味方だと思い

(↑これがやっかい笑)

わたしがちゃんとしていなければ、お母さんが苦しむ!と勘違いし

(↑ほんっと重症笑)

お母さんは壊れてしまうんじゃないかと勝手に思い込むという・・・

 

本当に、自分勝手に縛られていたわたしです

 

今は

だいぶ客観的になっているからこそ

読むことができた本なのかも

 

タイトルには、「墓守娘」とありますが

【娘】である方なら

多少の身に覚えはあるんじゃないかな?

と感じる部分が多いです

 

自分が育ってきた環境って

あまりにも【当たり前】になっているし

 

なかなか

「お母さんで苦しんでるんだよねー」

ってはやっぱり言いにくい

 

だから、自分では全っ然気がついていない

「母と娘」由来のしんどさってあるかもしれません

 

文章で読むことで

自分の状況を認知することができて

スッキリすることもありあます

 

この本はきっぱりとした雰囲気の文章なので

厳しい!けど優しい!

そんな感じです

 

もしかして・・・?

 

と感じたら読んでみてくださいね

 

 

 

 

 

セラピスト写真

 

お問い合わせ

 

*************************************

介護中でも、自分の時間をとれなくても

“わたし”を生きたい

大変だけど、家族もわたしも幸せな時間を過ごしたい

・・・だけど、どうしたらよいかわからない

そんなときにはカウンセリングを利用してみてくださいね

季の実 メニュー ⇒ ❁

 

*******
季の実ブログ
月:今日から試したいココロのはなし
火:ココロのあれこれ
水:ココロのあれこれ
木:本棚
金:ちょっと気になる、お金のはなし
土:コラム/その他

おおむねこんな感じで更新予定です(^^)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
庄司 あきこ
【心理カウンセリング×ファイナンシャルプランニングで、理想の暮らし実現のお手伝い】 心の奥底に隠れている不安を見つけ出し 「わたしにとっての幸せのカタチ」を 見える化するのは、心理カウンセリングの得意分野です。 「幸せのカタチ」を「生活」として実現するための地図を描くのは FP(ファイナンシャルプランナー)の役割。 「理想の生活」を実現するお手伝いは、 メンタルトレーニングの得意分野です。 今、目の前にある出来事とだけじゃなく 10年、20年、30年先の幸せのために。 あなたの理想の暮らしの実現のお手伝いをさせてください。