Flowers for your life.

自己肯定感は自分で育てることができる

 
ハート
この記事を書いている人 - WRITER -
庄司 あきこ
【心理カウンセリング×ファイナンシャルプランニングで、理想の暮らし実現のお手伝い】 心の奥底に隠れている不安を見つけ出し 「わたしにとっての幸せのカタチ」を 見える化するのは、心理カウンセリングの得意分野です。 「幸せのカタチ」を「生活」として実現するための地図を描くのは FP(ファイナンシャルプランナー)の役割。 「理想の生活」を実現するお手伝いは、 メンタルトレーニングの得意分野です。 今、目の前にある出来事とだけじゃなく 10年、20年、30年先の幸せのために。 あなたの理想の暮らしの実現のお手伝いをさせてください。

先日

「ちーがーうーだーろー」の某議員さんが

テレビで謝罪をされていました

 

その際

「自己肯定感が低くて・・・」

というお話をされていたことがとても印象的です

ハート

たしかに

自己肯定感が低いって

うまくいかないこと、辛いこと多いですよね

 

わたしも、

自己肯定感が低すぎる

と何度も言われていたし

 

なんでいつも

こういう失敗するかなぁ

 

と、自分が嫌になるときには

自己肯定感の低さが根底にあることが多かった

 

だから

わたしはダメだ、ダメだ・・・

って、いつも何かに追われて生きるのは

とても辛いことだと思うのです

 

しかも、自分では

そんな風に辛いことに気がついていなかったりするんです

 

だけど、大人になると自分で選べるんです

 

このまま生きていきたいか

 

ちゃんと自分を受け入れて

自分を信じて生きていきたいか

 

どちらが良いですか?

 

自己肯定って

ワガママとか、へりくつを言うことじゃないんです

 

ちゃんと

わたしはわたしで良い

生きているだけで素晴らしい存在

って、こころから信頼していることなんです

 

子どもの頃に作られた

自己肯定感(の低さ)

 

大人になったら

自分で作りましょう

 

大丈夫

何歳からでも

自分を育てなおすことができます

 

わたしも育て直し

 

これからもずっと

自分を育てていきたいと思っています

 

特に

介護や、看護を

するとき、されるとき

 

人のケアをするとき

 

人のお世話になるとき

 

自己肯定感をちゃんと持てていた方が

絶対に良いです

 

自分を大切に育てよう

 

今日からそう決めてみませんか?

 

セラピスト写真

 

 

 

お問い合わせ

 

*************************************

介護中でも、自分の時間をとれなくても

“わたし”を生きたい

大変だけど、家族もわたしも幸せな時間を過ごしたい

・・・だけど、どうしたらよいかわからない

そんなときにはカウンセリングを利用してみてくださいね

季の実 メニュー ⇒ ❁

 

*******
季の実ブログ
月:今日から試したいココロのはなし
火:ココロのあれこれ
水:ココロのあれこれ
木:本棚
金:ちょっと気になる、お金のはなし
土:コラム/その他

おおむねこんな感じで更新予定です(^^)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
庄司 あきこ
【心理カウンセリング×ファイナンシャルプランニングで、理想の暮らし実現のお手伝い】 心の奥底に隠れている不安を見つけ出し 「わたしにとっての幸せのカタチ」を 見える化するのは、心理カウンセリングの得意分野です。 「幸せのカタチ」を「生活」として実現するための地図を描くのは FP(ファイナンシャルプランナー)の役割。 「理想の生活」を実現するお手伝いは、 メンタルトレーニングの得意分野です。 今、目の前にある出来事とだけじゃなく 10年、20年、30年先の幸せのために。 あなたの理想の暮らしの実現のお手伝いをさせてください。