Flowers for your life.

パパとママと産後クライシス

 
育児
この記事を書いている人 - WRITER -
庄司 あきこ
【心理カウンセリング×ファイナンシャルプランニングで、理想の暮らし実現のお手伝い】 心の奥底に隠れている不安を見つけ出し 「わたしにとっての幸せのカタチ」を 見える化するのは、心理カウンセリングの得意分野です。 「幸せのカタチ」を「生活」として実現するための地図を描くのは FP(ファイナンシャルプランナー)の役割。 「理想の生活」を実現するお手伝いは、 メンタルトレーニングの得意分野です。 今、目の前にある出来事とだけじゃなく 10年、20年、30年先の幸せのために。 あなたの理想の暮らしの実現のお手伝いをさせてください。

こんにちは♩

季の実 庄司です

 

思いっきり更新が滞っていましたが

今日は介護じゃなくて、産後クライシスについて

 

赤ちゃんの命を預かっているって

喜びだけじゃなく、大変なこともありますよね

 

育児

 

子どもを育てるって

とても大きなことです

 

特に、赤ちゃんは

それこそ本当に「命」を預かっているので

実はプレッシャーだって大きい

 

もちろん喜びも大きいんだけど

産後クライシスになっちゃうママも多いんです

 

産後クライシスにならなくても

「1人目の時、パパの協力がなさ過ぎて、

2人目なんてどの口が言ってるんだって感じ!」

というママの話も少なくありません

 

がっつり当事者のママと

「なんか手伝うよ~」

と言う、どこか他人事のパパ

 

「手伝うじゃなくて、自分からやってよ!指示待ち人間か!」

なーんて厳しいお言葉も

 

逆に、パパからは

手伝っても

「やり方が違う!」

と怒られるし

 

ママが困っているからアドバイスしたらキレられるし

「どうしろって言うんだ!」

「もう関わらないで、好きにさせたほうが・・・」

と悩む声が聞こえてきます

 

ママがやり方にこだわるのは

それだけ繊細に子どもに関わっているから

 

アドバイスに怒るのは

女性は聞いてほしい、わかってほしいものだから

(男性は、解決したいという思考回路です)

 

それに

毎日毎日24時間赤ちゃんと向き合って

「こうしなきゃいけないのに、できていない」

「わかっているのに、できない」

「こんなこともできなくて、ダメな母親」

という思考に陥っていることがあるので

 

アドバイスされたら、どうしても苦しいのです

 

パパは、ママが不安やグチ、悩みを話してくれたら

とにかく、寄り添って話を聴いてくださいね

 

解決策は、その後です

 

産後クライシスになりそうなほど

育児が大変ってことは

 

「ちゃんとしなくちゃ」

と一生懸命ということ

 

一生懸命なあまり

できていることに目を向けられなくなってしまったり

過労になっていたり

 

もし、そんなママに言葉をかけるなら

できていることに目を向ける

褒める、感謝する

そんな言葉がおすすめです

 

それから、過労は人を苦しくさせます

 

まじめなママほど、

休むこと

子どもを人に預けること

に罪悪感を抱きがち

 

ママが一人でゆっくりできるように

ママを休ませてあげる時間を

プレゼントしてはいかがでしょう?

 

 

********

 

季の実ブログ
月:今日から試したいココロのはなし
火:ココロのhttp://onlinecatalogueasia.ikea.com/JP/ja/IKEA_Catalogue/?dcki06あれこれ
水:ココロのあれこれ
木:本棚
金:ちょっと気になる、お金のはなし
土:コラム/その他

おおむねこんな感じで更新予定です(^^)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
庄司 あきこ
【心理カウンセリング×ファイナンシャルプランニングで、理想の暮らし実現のお手伝い】 心の奥底に隠れている不安を見つけ出し 「わたしにとっての幸せのカタチ」を 見える化するのは、心理カウンセリングの得意分野です。 「幸せのカタチ」を「生活」として実現するための地図を描くのは FP(ファイナンシャルプランナー)の役割。 「理想の生活」を実現するお手伝いは、 メンタルトレーニングの得意分野です。 今、目の前にある出来事とだけじゃなく 10年、20年、30年先の幸せのために。 あなたの理想の暮らしの実現のお手伝いをさせてください。