Flowers for your life.

自宅で過ごすということは 自由と覚悟が含まれている

 
夫婦
この記事を書いている人 - WRITER -
庄司 あきこ
【心理カウンセリング×ファイナンシャルプランニングで、理想の暮らし実現のお手伝い】 心の奥底に隠れている不安を見つけ出し 「わたしにとっての幸せのカタチ」を 見える化するのは、心理カウンセリングの得意分野です。 「幸せのカタチ」を「生活」として実現するための地図を描くのは FP(ファイナンシャルプランナー)の役割。 「理想の生活」を実現するお手伝いは、 メンタルトレーニングの得意分野です。 今、目の前にある出来事とだけじゃなく 10年、20年、30年先の幸せのために。 あなたの理想の暮らしの実現のお手伝いをさせてください。

こんばんは。
季の実 -toki no mi- 庄司です。

さて、今日は介護される人編。

近所に、高齢のご夫婦がいらっしゃいます。

2人とも、身体が自由には動かなくなってきたので
ほとんど家から出ることはありません。

以前は、ショートステイにも行っていましたが、
「デイサービスは楽しいけど、ショートステイは嫌なのよ」
と、最近はデイサービスとヘルパーさんに手伝ってもらいながら生活しています。

やっぱり、自分の家が良いのだそう。

自宅なら、自分たちのテリトリーなので安心するからと。

同じように、生活の手伝いをしてもらっていても、
施設で、他人のペースでやってもらうのと
自宅で手伝ってもらうのでは、
遠慮や、気を遣う度合いが違います。

外に出かけても、帰ってくるのは自宅が心地良い。
だけど、いつまでこうやっていられるのだろう?

と不安も抱えています。

施設で生活する安心感よりも
健康に心配があっても、不便でも自宅で過ごすことを選ぶということは
いろんな覚悟も含まれているのです。

*******
季の実ブログ
月:カウンセリングルーム情報
火:ココロと介護~介護される人編~
水:ココロと介護~介護する人編~
木:ココロと介護~これから介護かも?編~
金:本棚
土:アロマ/メニュー/健康/その他

おおむねこんな感じで更新予定です(^^)

*******

この記事を書いている人 - WRITER -
庄司 あきこ
【心理カウンセリング×ファイナンシャルプランニングで、理想の暮らし実現のお手伝い】 心の奥底に隠れている不安を見つけ出し 「わたしにとっての幸せのカタチ」を 見える化するのは、心理カウンセリングの得意分野です。 「幸せのカタチ」を「生活」として実現するための地図を描くのは FP(ファイナンシャルプランナー)の役割。 「理想の生活」を実現するお手伝いは、 メンタルトレーニングの得意分野です。 今、目の前にある出来事とだけじゃなく 10年、20年、30年先の幸せのために。 あなたの理想の暮らしの実現のお手伝いをさせてください。